So-net無料ブログ作成

ナカダ・ルデナの兄も連続殺人犯だなんて… [時事]

こんばんわ、アラフォー腐女子のアブコです。

6人もの人を殺害したペルー人、ナカダ・ルデナ容疑者の兄も連続殺人犯なのだそうです。

だからといってその影響で6人もの人を殺せるのでしょうか…。

一旦警察で身柄を確保していたのにこのような事件が起きてしまうのは悲しすぎます…。

ナカダルデナ.jpg

ナカタ・ルデ容疑者は日本人とペルー人のハーフで日本ではは無遅刻無欠勤の真面目な人だったようです。

ただ兄が母国で17人もの人を殺害し、その際日本でもその報道があり仕事を変えなければならなくなったようです。

兄のペドロ・パブロ服役囚は神様が殺せと言ったから殺したと言っていたようですが精神的におかしくなかったらこんなに人は殺せないでしょう。

[PR]





姉のマリアに兄のペドロ服役囚から連絡があり「バイロン(ナカダ・ルデナ)はどうした?」っと聞かれたから「あなたの10年前と同じ事をした」と答えたら「バイロンも病気なんだ」と答えていたそうです。

仕事を辞める時も「背広の人に追われている」と言っていたようですし統合失調症を患っていたと姉マリアも語っているので、精神的に病んでいたのは間違いないでしょうが、だからといって人を殺してしまうなんてひどすぎます。

こういう事件を犯してしまう人は精神病じゃない人なんていないと思います。

恨みがあって殺しているのは別ですが、恨んでる人だって追い込まれて殺してしまっているのだから、きっとその人も精神的に病んでいるのでしょう。

ナカダ・ルデナ容疑者本人も意識不明になってしまっているので罪さえも償ってもらえないなんて遺族としてはいたたまれないでしょう。

外国人でお金がなくて困っていたら犯罪を犯していいわけがないですし、今回はいったん警察で怪しいという事で身柄が確保されていただけに、何とか防げなかったのだろうか?と本当に悔やまれる事件です。

ペドロパブロ.jpg

まだ日本は外国人労働者は少ないと思いますが、こういう犯罪があると他の労働者も同じようにみられて気の毒です。

もしかしたら今後シリアの難民が日本にも来る可能性があるかと思いますが、日本人さえ働くところがない状況で外国人の方は更にないわけです。

それで仕事やお金がなく精神的に追い詰められて犯罪を犯されてしまっては本当に困ります。

今回犠牲になられた方々の住む地域はそんな事件とは無縁な感じがする治安もよさそうな地域なので、まさかそんなめに自分が合うなんて夢にも思ってなかったかと思います。

さぞかし怖かっただろうと思います。

日本は治安だけはまだ良い国なので、そこだけは守っていただきたいと思います。

外国人が増えるとやはりお金目的で残忍な事をする人も出てくるような気が致します。

単一民族で島国だから今の治安が保てているのだと思います。

でも日本人でも最近は無差別な殺人が増えているので、外国人だからというのは偏見かもしれませんが…

[PR]












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。